きゅーLOG

おもったことをちょっとずつ書きとめるところ

自分の中期計画(3ヵ年)のはなし

8月中にAWS資格を取るべく勉強始めたましたが、いつものように突然業務多忙になり、勉強する時間が失われてしまいました。9月取得に目標シフトして諦めず頑張ります。

自分中期計画

今年度は自分中期計画(3ヵ年)の最終年度、ひとつの区切り年度と決めていました。

2年前の夏、ふと思いました。お上が与えた無理難題をこなすという受動的なサラリーマンスタイルを10年続けてきました。その結果、現在担当業務には価値があるが、市場価値がないスキルばかり身についてると感じたからです。また、ずっと同じ担当をしていると仕事にも飽きてきます。

いずれ後輩に今の自分の役職は譲らないといけない。そうすると私は次は何をするのだろう?他の担当をできるだけの自信もスキルもない。じゃあそのまま上の名ばかり管理職ポストを目指しますか?それだけはマジ勘弁!!

3年間頑張ってみると決める

そこからは本当に気持ちが焦りました。定年延長する前提であと30年、こんな気持ちのまま30年仕事をし続けねばならないのか。人生絶望です。まだ仕事が楽な提示仕事でライフが楽しいならいいですが、残業XX時間のまっくろ、人生救いようありません。

でも、あと30年あるんだから、3年間は腰を据えて取り組んで、3年間かけて自分を変えようと決めました。

1年目:いろいろやってみる&やることを探す。

自己研鑽です。ビジネス書読み、IT系資格に複数手を出す、長期休暇にプログラミング教室に通う、日曜プログラミングにはげむ、キャリアカウンセラー的なひとに相談する。など。

続いたものも、途中でやめたものもあります。自分探しの旅です。私は何がしたいだろうを時間をかけて考えた1年でした。抽象的ですが、自分がやりたいこと・やりたくないことはおぼろげに見え始めた時期です。

2年目:中小企業診断士を取る

中小企業診断士取得を取ろうと決めました。勉強期間1年半で無事取得。経営コンサル資格なので資格勉強を通じて経営知識も増え、ものごとを見る視野も非常に広がりました。さらに何よりも、飽きっぽい性格の自分が1年半勉強も継続して勉強し、目標を達成できたたことが一番自信になりました。

3年目:業務成果を出す

勉強してビジネス書読んで資格取るだけでは意味はありません。ただの資格マニア。業務成果に繋げて利益を出すことが最も大事。しかも自分がやりたいことをやって成果をだす。これだと自分も会社もWin-Win。では、これをどうやって実現するか?が最大のテーマです。

前半2年間で課題意識を持ち頭を使い続けたことで、ようやく自分と会社がWin-Winになるテーマを3つほど見つけました。テーマを見つけるだけのに2年もかかりました。でも2年前の自分には見つけられなかった、その間2年の自己研鑽があったからだと言い切れます。

今はそれを全て立ち上げること、やり切ること、時間かかるものは引き継ぐことを目標にしています。

では4年目は?

コンフォートゾーンを抜けるために次のステップに進もうと心の中で決意しました。次はどこで何をやるのか?を具体的に考えるのが今です。今年度末の目標達成を目指すとともに、次どうしようにも答えを出さないといけません。

また、その次の3ヵ年もしっかり考えようと思います。