きゅーLOG

おもったことをちょっとずつ書きとめるところ

改元対応とサマータイムに振り回される

改元時期・発表時期が決まらないがために不毛に振り回されているSEです。

  • 元号発表が改元時期の1か月前になった場合に対応可能か評価報告してください。
  • 来年のGWが10連休になった場合のシステム影響を評価報告してください。
  • 新号発表時期が即位後に発表された場合、いつまでにシステム対応できるでしょうか。
  • [NEW!!]サマータイムが導入された場合のシステム影響を評価報告してください。

実際に導入されるか否かにかかわらず、こういった調査ごとが唐突にメール2~3行ぐらいで根拠なく1週間後に報告~!などと降ってくる業界でお仕事させていただいています。いちいち真に受けてられん。

また増える不毛なお仕事

政府の未確定情報や決定先延ばしによって、どれだけのSEさんたちの検討コストが不毛に消化されているのでしょうか。 例えば、改元時期が未決だった時には改元時期と発表時期のシナリオを複数立てたうえで、どの案になっても大丈夫なような開発計画を複数シナリオを立てて顧客に報告するとか。

※結局、そのどれでもない4月1日元号発表→5月1日改元になるというオチでした。が、4月1日元号発表も黄色信号で現場はガクブルです((((;゚Д゚))))

働き方改革を民間に浸透させるならこのような無駄な検討に民間を巻き込まないでほしい、と真に思うのですが。この考え方、間違ってないよね?